相撲の呼出しさん

最近ちょっと気になっている職業の方がいます。

それは相撲の呼出しさんです。

土俵周りで力士のお世話をしたり名前を読み上げたりするあの方です。

気になったきっかけはテレビで呼出しさんのお仕事の特集を見てからです。

こういう事するんだ~と思うと共に何かカッコいいな、と感じるようになりました。

縁の下の力持ちと言った感じで黙々と仕事をする姿にときめきます。

あまり目立たない裏方的な存在ですが、中には呼出しさんのファンもいるようです。

たしかにお気に入りの呼出しさんがテレビにちらっとでも映ると嬉しくなります。

むしろ力士そっちのけで呼出しさん探しをする事も(笑)

また相撲を見る上での新たな楽しみを見つけたような気がします。

早めにシャベルの購入を

去年「買っておけばよかった」と思ったものがあります。

それは雪かき用のシャベルです。

雪なんてそんなに積ることのない地域に住んでいた私。

それこそ、雪かきが必要なことなんて、年に1、2回。

お祭り騒ぎのような状態です。

それが、去年は何度も大雪になり、雪かきが珍しくもない作業になってしまいました。

いざシャベルを手に入れようとすると、全然売っていなかったり、選択の余地がなく、異常に大きく、高価だったりして、買わずじまいでした。

ちりとりを使って一生懸命雪かきしていました。

買おうと思いつつ、結局また一年たってしまい。

でもまだ大雪は降っていません。

今ならまだ間に合うはず。

大きすぎず高すぎず、私の住む町にピッタリなシャベルが見つかりますように。

食事のお誘い

久しぶりに母から電話がありました。

明日、父が昼出かけているので、一緒にランチをしようという用件でした。

「喜んで!」と即答できる娘ならいいのですが、そういうのは苦手な私です。

外食自体もそんなに好きではなく。

母と出かけるならば、勿論母がごちそうしてくれるわけで、こんなにおいしい話はないのですが・・・、だったら家に遊びにいくよ、と思ってしまいます。

実家で母の作る料理を食べて、のんびり話したりしている方がよほど楽しいのです。

それに加え、もともと出不精な私。

子供のいない貴重な昼間は、1人でのんびり家で過ごしているのが一番幸せなのです。

とはいえ、母に付き合うのは、親孝行の1つでもありますから、お断りをしたい気持ちをぐっと抑えて「うん、行く行く」と明るい声で答えました。

せめてお説教はついてきませんように。

10年という時間

いつも歩かない道を通る機会がありました。

昔は子供を公園に連れていくためによく来た場所だったのですが、最近は子供が成長したので、そんな機会もなく、通らなくなった道でした。

まだよちよち歩いていた頃から、何度も通った道。

車が通ることが出来ない道で、両側に畑や温室が広がり、街中なのに、「昔」が残っている特別な場所でした。

そのうち、だんだんと畑が壊され家が建つようになりました。

それでも、まだのんびりできる場所だったのに、久しぶりに通ったら、もっとたくさんの場所に「工事予定」の看板が立てられていました。

ああ、本当に普通の道になってしまうんだなぁと悲しくなりました。

霜が降りている様子を見せたり、野菜の名前を教えたり、とんぼを追いかけたり。

そんなこともできなくなるのですね。

子供達が小さな時に、そんな場所があったことに感謝したいと思います。

布団カバーを新しくしたら寝るのが楽しみに

先日新しい布団カバーを購入しました。

それまで使っていたものが古くなってきたというわけではなかったのですが、ホームセンターに行ったときにチェック柄のかわいらしい布団カバーを見つけて、ひと目見て気に入ったので衝動買いをしてしまったのです。

そうしてさっそく家に帰ってカバーを付け替えてみると、それだけでその日寝るのが楽しみになってきたのです。

我ながら単純だなと思ったのですが、それはともかくその日はいつも以上にぐっすりと眠ることができたように思います。

布団を丸ごと変えたわけではなく、ただカバーを付け替えただけなのですが、それでもいつもと違った気分になりました。

どんなものでも新しいというのは、良いものだなと感じた私でした。

その節約法はちょっと・・・

節約の仕方をテレビで紹介するという事でちょっと楽しみにしていました。

できる節約は結構実践しています。

他にも新しいアイデアがあればぜひ取り入れたいと期待をします。

しかし、実際に紹介された節約法はとてもじゃないけれど真似できるようなものではありませんでした。

ドラッグストアへ行けば、店長さんに試供品はないかを聞きもらってくるという方法、ポイントカードを持っていなさそうなお客さんに自分のポイントカードをわたし、ポイントをもらうという方法など小さなことですがそういうことの積み重ねをする事が節約につながるとの事です。

確かにそれも一理ありますが、そこまでやってしまうとあまりにみすぼらしい気持ちにもなるし、周りの目も気になります。

節約の仕方も人それぞれですが、多少の心の余裕も残したいものです。

たばこについて考える事

年末にかけてしっかり掃除をしたはずなのですが、部屋の換気扇の周りなどがもう汚れ始めています。

普通ならここまで汚れる事はないと思うのですが、茶色っぽい色の汚れから見てみると、たばこのヤニで汚れているのに違いないと思います。

主人のたばこの量を少しでも減らしてほしいという気持ちから、これだけ部屋が汚れているよというところを直接主人に見せる事にしていますが、主人にとっては「もっとひどい汚れかと思ってた。これくらいならましな方じゃない?」という何とも前向きな考え方で、たばこの本数を抑えるといった考えにはならないようです。

たばこを吸わない私にとって、主人の気持ちは全く分かってあげる事ができません。

本数を減らす事やいっそのこと禁煙をするといった考えはでないものなのでしょうか?

関節の痛みは風邪?

何だか関節が痛い嫌な症状が出はじめています。

ほとんどの場合が風邪をひいた時の初期症状で、この後に熱が出てしまうというパターンになってしまいます。

暖かい部屋にずっといて、風邪をひくタイミングなどなかったはずなのに、どうして風邪をひき始めたのかがどうしてもわかりません。

ちょっとした気の緩みからなのでしょうか?

とりあえず少しでも早い段階でストップさせないと家族にも迷惑をかける事になってしまいます。

買い置きの風邪薬を飲んで安静にしてはみますが、なかなか痛みがとれません。

体温計を持っていないので、発熱を確認する事ができないのが何よりで、熱は出ていないと自分に言い聞かせ風邪をごまかしていますが、、この状態でいつまでごまかせつだろうかと考えながら、体の回復を願っています。

見えない所の掃除

普段手の届かない隠れた場所も掃除をしようかと思います。

排水溝のふたをめくったところなんかはあまり掃除をしていないので、確実に汚れていると思います。

覚悟を決めてふたを取ると案の定とんでもない事になっています。

漂白剤や除菌スプレー、歯ブラシやたわしなどで直接手につかないようにと気をつけながら少しずつ磨いていきます。

キッチンが終わると次は洗面台、その次はお風呂場と場所を移していきながら、排水溝にターゲットを絞り確実に1ヵ所ずつきれいにしていきました。

普段見えないので何となく掃除が後回しになってしまうというのが嫌ですね。

だからこんなに汚くなるまで放置してしまうようです。

それでも何とかきれいになったのを見て、これで当分の間は大丈夫と思いながら、次回からは定期的にちゃんと掃除をしようと反省するのでした。

今年の冬のダイエット

今年の冬はゼッタイに太らないぞと思っています。

毎年、冬になると寒いので運動不足になりがちです。

年末年始はめったに会わない友人や親せきと会うので、ごちそうを食べる機会が増えます。

みんなに合わせて食べていると、ふだんは食べないくらいたくさん食べてしまうはめになるのです。

冬に太らないためにできることを考えてみました。

まず、運動不足解消のため、決まった時間に必ず運動することにします。

寒いと外に出るのがイヤになるので、あったか肌着を補充しました。

家から少し離れたところにあるコンビニに行くことを目標にウォーキングを続けたいと思います。

また、食事は腹八分目を心がけようと思います。

「おなかいっぱい」というセリフを繰り返していれば、必要以上に食べないはずです。