子供のクリスマスパーティー

この間の休日に、子供の友人を集めて家でクリスマスパーティーをしました。

パーティーと言ってもそれほど特別な事はしないのですが、市販のスポンジケーキに生クリームやフルーツを盛り付けてもらって、皆でケーキを作って、切り分けて食べたのですが、意外においしく出来たそうでみんな喜んでくれました。

あとはそれぞれ、お菓子などを持ち寄ってきてくれたので、それを食べながらゲームをしたり、ちょっとしたプレゼントを交換したりしたのも楽しかったみたいです。

私は用意もそれほどしなかったのですが、紙皿や紙コップなどをクリスマス柄のものにしたり、子供が色々考えて準備していました。

ささやかなパーティーでしたが、皆が喜んでくれたのが子供も嬉しかったみたいです。

久しぶりに主人の手料理

先日買い物へ行った時に買ってきた「ガーリックラー油」ですが、きちんとしまってあったはずなのにキッチンに出ているのを不思議に感じ、主人に聞いてみました。

「このガーリックラー油、何かに使うつもりだったの?」と聞いたところ「パスタでも作ろうと思ったんだけど」という予想外の返事が返ってきました。

「パスタ!?パスタ作ってくれるの?」と思わず大きな声で聞き返してしまいます。

うん、という主人の返事に思わず抱きついてしまいました。

最近主人はあまりパスタを喜んで食べてくれなかったので、私自身もあまり作らないようにしていました。

それなのに、作ってくれるという事、私の喜びようは半端ではなかったようで、主人も驚いたほどでした。

私がこれほど好きだという事が今まで伝わっていなかったようです。

これから頻繁に作ってもらえる事を期待してしまいます。

飲食店の広告

広告とは消費者の心理をくすぐるように上手に書かれている事に関心をします。

特に飲食店などがそういった傾向が多いように感じます。

広告にはおいしそうな写真が大きく写って入り、特典もたくさんでこれは是非行かないと損だという気持ちにさえさせます。

何度か行った事がある店であれば、大体の見当もつき、裏切られる事も少ないのですが、始めていくお店だとこれは結構深刻な問題になります。

苦労して探し当てたお店の外見が汚かったり、お店の雰囲気が自分とは合わなかったり、注文したものが写真とは大違いで会ったりと結構なリスクがあります。

もちろんその逆もあります。

新しいおいしいお店の発見ならばそれで嬉しいのですが、世の中そんなに甘くはないといったのが私の印象です。

パワーストーンの効果

息子の友達が遊びに来ました。

「これ、持ってきたの。」と手渡された袋。

中身はお菓子かと思っていたのに、パワーストーンが入っていました。ん?

どういうこと??「今日はゲームで勝てるように持ってきたの!」と。

そういうことね!

ちょっと笑ってしまいました。

「これ、お家の人の?」と聞くと、「うんパパので、◯万円だったんだって。」と。

あららら。。。

けっこう高価なものじゃないの。

たかだか遊びのために、無断で持ち出しちゃったのね。(苦笑)

そう言えば、この子のママも手にパワーストーンのブレスレットしていました。

前に会社の同僚もボーナスでけっこう高いパワーストーンを買っていたけれど、これって本当に効果あるものなのかなぁと。

そのとき「ヤッター!勝った!」と息子の友人。

なんと!その効果、本物?!

懐かしい再会

この前の火曜日に、昔のバイト仲間での飲み会があり、誘われたので行ってきました。

はじめは都合がつかなかったのですが、遅れてからでもきてほしいと温かい言葉に、予定を調整して遅れて参加してきました。

バイト仲間といっても十年近く前のことですが、その場にいた十数人の顔は自分でも驚くほど覚えていて、あの頃に戻ったような懐かしい気持ちになりました。

当時わたしが教えていた高校生も、今はすっかりお母さんの顔になっていて、とても驚きました。

就職が決まり、最後の挨拶もきちんとできないままバイトを辞めて以来、連絡も途絶えていたのですが、今はとても近所に住んでいることがわかったので、これからも顔を合わせようと約束して帰ってきました。

一時間も居られませんでしたが、行ってよかったです。

身だしなみの大切さ

以前は一日中ジャージ姿でいたり、服装にはほとんど気を遣う事がありませんでした。

さすがにが外出する時には着がえるのですが、そうでない時は寝る時も起きた後もずっとジャージのままというだらしなさでした。

楽でいいと思っていましたが、雑誌っで夫が妻に思う事で女を捨てただらしなさというのがダントツでワースト3入りしていたのを見てハッとしました。

これはもしかして私の事では?

それからは朝起きたら毎日着がえ、髪もきちんとしばり、いつでもどこへでも行ける服装を心がけるようになりました。

それに対して主人も何か気がついてくれるかな?

と期待をしていたのですが、どうやら我が家に限ってはそういった事には無関心なようっです。

それでも身だしなみを心がける毎日を送っています。

ご飯のおかずの量の加減

ご飯のおかずをどれだけの量作るかという事はとても難しいです。

以前に主人はご飯に味噌汁、おかず一品に漬けものさえあれば良いよという事を言っていました。

これだけなら食事の支度もとても楽です。

しかし、お腹の具合は日々違うものです。

しれだけの量でお腹がいっぱいにある事もあれば、全く足りない時もあります。

足りなかったらせっかくかたずけをした後でもう一度夜食としてご飯を作らなければいけないという2度手間になってしまいます。

一緒に食事をしていても、おかずが足りないのではないかと気を遣いながら食べなければいけない所も辛いです。

今日はお腹が空いているお聞いていたのでいつもより品数多めに作ると、思いのほか食べる事ができず残してしまう事もよくあります。

お腹に合わせ、ぴったりの量の食事を作る事は本当に難しいです。

ビューティ&ビースト

美女と野獣見てきました。

面白かったですよー。

ネタバレになるかもしれないから細かいレビューは避けますけど、とにかく美術が良かったです。

あと野獣はそれほど出番ないですね……わざとだと思いますけど。

ビューティ&ビーストと聞くと洋楽のビューティ&ビートを思い出します。

もじりなんでしょうね。

洋楽が好きというわけではなく、とあるファンによるアレンジ曲でこの曲を知りました。

そのアレンジ曲がかっこ良くて好きなんですよね。

もちろん原曲もかっこいいんですけど、あの人がアレンジしなかったらこの曲を好きにならなかったでしょうね。

アレンジ曲って違う解釈が聞けて面白いです。

ざくざくアレンジあさりたいですね。

ちょっと前のJPOPもがらっと雰囲気変わって面白いです。

『ミッケ!』という視覚探索絵本が面白い

最近子供が、学校で『ミッケ!』という本を借りてきました。

昔流行った、『ウォーリーをさがせ!』シリーズのような感じの視覚探索絵本です。

この本は、外国の映画のような風景の中におもちゃや雑貨が巧妙に散りばめられているので、見ているだけでとても面白いです。

子供と一緒に見ていると童心に返って夢中で探してしまうので、あっという間に時間が過ぎます。

子供も一人で全てを探すのは難しいようで、大人と一緒に見ると心強いようです。

どちらが先に見つけるか競争して、私より先に見つけた時は相当嬉しそうです。

絵本を読んであげていた幼稚園時代と違い、今はもう自分で本を読める年になりましたが、こうした本を通じて親子が再び繋がることができるのは私も嬉しいです。

ごちゃごちゃした物の中から目的の物を探し出す遊びは、実際に失くし物をした時にも見つけるのが早くなりそうで、それにもひそかに期待しています。

リバーシブルのファッションアイテムが人気

数年前からリバーシブルタイプの洋服が大人気なんですよね。

今年は、特に、流行の色がたくさんあったということもあってか、リバーシブルのスカートをよく見かけました。

トップスはあまりリバーシブルにはなりにくいんですが、それでも、ワンピースの裏表で生地を変えて、それを楽しむみたいなアイテムもありましたっけ。

マフラーやストールでリバーシブルというのは前から見ていましたけれども。

やっぱりこういうのは世相も反映しているんでしょうか。

40代向けの服だったら「オトク」に弱そうなので分かります。

が、20代向けの服でも出ていると、やっぱり洋服が売れにくいから、こういう工夫をして買ってもらおう!

とか、少ない給料でも何度も楽しめる服を!

っていうのがあるのかもしれませんね。

でも、女性にとってはオシャレは大事。

このブーム、ありがたく楽しみたいですね。