久しぶりに旅行をしたいな

そういえばここ半年くらい旅行らしい旅行をしていません。

隣県の実家に帰省くらいはしましたけどね。

せっかくなら夫婦で2泊以上でちょっぴり良いホテルに泊まって…そういう旅行をしたいですから、夫にも3連休くらいの時間の都合がつかないか聞いてみましょうか。

朝食はバイキング&夕食付きでお手ごろなところないかな。

まあ食事をつけるとどこもある程度の値段になるのは覚悟しないといけないでしょうけど。

あと犬をどうするかという悩みもあります。

ペットホテルに預けるのもありといえばありですが、犬OKのホテルを探すという方法もありますよね。

ただ犬も一緒だと、基本は車で移動になるかなぁ。

一応手回り品扱いで一緒に電車に乗れなくもないですが、揺れますからね。

髪を留めるバレッタを新しく買いました

髪をとめるバレッタを久しぶりに買いました。

がぶっと髪全体を挟めるタイプのものです。

300円ショップで購入しました。

いろいろな種類があってどれにしようかすごく悩んでしまいました。

最近はやりのハワイアンな可愛い花が沢山ついているタイプのものとオーソドックスなリボンがついているものとで最終的にすごく迷いました。

自宅で使うものを探していたので可愛い花のものも良いと思ったのですが、リボンの方にしておけばそのまま外にも行けるかなと思って、結局はオーソドックスなものを選びました。

髪はまとまるし、可愛いし、すっきりした感じで家事ができるのですごく良かったです。

色違いのものもいくつかあったので、また見つけたら購入したいと思います。

髪を留めるものというのはいくつあっても良いものですね。

自転車のギアがどうやら壊れてしまったようです

最近、自転車のギアがどうにもおかしいようで困っています。

私の自転車のギアは三速まで入るようになっているのですが、自転車をこぎ始める段階ですでにギアがいつも二速に入ってしまっているのです。

でも、ハンドルについているギアの表示は一段階のところになっています。

でも、漕いでいるペダルの感じから絶対に二速には入っているのです。

しばらくこいでから、ギアを二速に入れるとただがちゃっと音がするだけでペダルの重さ自体は変わりません。

走りながら、ギアを一速に戻すと途端にペダルが軽くなります。

はじめからずっと二速だと走りはじめのところがとてもこぎづらいのです。

いつからこうなったのかよく分からないのですが、早めに整備に出さないと危ないのかなあと思っています。

時間を見つけて整備に出したいと思います。

自宅でヘアカラー

4か月前に美容院でカラーリングしてもらった髪色が退色してきました。

特別明るい訳ではないので、あまり違和感はありませんが自分では気になります。

美容院でやってもうのが安心だけれど、お金がかかります。

キレイを維持する為には仕方がない出費ですが、できるだけお金はかけたくありません。

CMでもよく目にしますが、自宅用のカラーリング剤を使うのはとてもポピュラーなようです。

実際ドラッグストアで見てみましたが、種類がたくさんあり過ぎてどれを選んだらいいのかわかりません。

同じ年代の人の口コミなどを見ていますが、なかなか絞り込む事ができません。

できるだけ失敗が少なくて、傷まず仕上がる・・それが最低条件です。

そろそろ決めないといけないので、またドラッグストアにリサーチしに行こうと思っています。

大好きな本の新作発見

お気に入りのシリーズの本、いつまでもダラダラ続くのも嬉しいけれど、最後はどうなるのかなという気持ちが強く、完結をしたときは読み終えた嬉しさとちょっとの寂しさがいつも残ってしまいます。

そんな中、先日本屋で大好きだったシリーズの、新作を発見!

実はそれ以前にも見かけていたのですが「完結したもの」という思い込みが強く、新作だと気が付いていませんでした。

カバーを見れば普通に気が付くべきなのですが、自宅の本には大切にしたいと表紙が見えない紙カバーを掛けているので気が付かなかったという理由です。

しばらくしてから「あれ?なんで新作シリーズのところに並んでいるの??」と手にしてみたところ、どうやら本編の過去のお話。

嬉しい出会いで、大喜びでの購入となりました。

枝豆ととうもろこしの季節がやってきた

できるだけ野菜を多く食べさせたいので、一品は必ず食卓に登場させるようにしているのですが、たまにネタ切れ&家族からの「飽きた」攻撃に悩みます。

確かに、ブロッコリー、ミニトマト、スナップえんどうあたりをぐるぐる回転させていると飽きます。

しかし夏になって枝豆ととうもろこしが登場すると、毎回何度出しても大歓迎されます。

夫も息子も枝豆ととうもろこしが大好きなので、連続登場しても苦情は出ないのです。

スーパーで枝豆ととうもろこしが安くなっているのを見つけると迷わずカゴに入れます。

茹でる、蒸す、そのまま食卓へ出す、が簡単で本当に助かります。

これからしばらく枝豆ととうもろこしの日々が始まるのかと思うと、なんだか楽しくなってきます。

もっとやりくり上手になりたい

お給料日ってワクワクしますよね。

何に使おうか、美味しいものでも食べようか、なんて考えているうちに「いや待てよ、確か支払いが」と色々思い出すと、全然お金が残らなかったりして。

お給料なんてあっという間に消えてしまいます。

そんな事にならないよう、毎月キチンとやりくりしているつもりなんですが、なぜか毎度急な出費があるんですよね。

そんな中、いよいよボーナスシーズンの到来です!

まとまったお金が入ってくるビッグチャンス。

今度こそ、アレに使おう、コレも買おうとワクワク。

しかしちょっと待って。

確かまとめて保険料が引き落とされるんだっけ。

そう言えばこれも支払いが・・・。

そう、忘れていましたボーナス払い!

いつまでたってもやりくりが欠かせない我が家なのでした。

通帳の中も金欠

財布が金運を呼ぶというのを聞いたことがありますが、それって本当でしょうか。

赤い財布は赤字になるから、黒い財布を。

ということも聞いたことがありますし、お金の色の黄色が一番いいともいいますよね。

お金を貯めたい一心で、財布を購入しますが、どの色を買ってもお金が貯まりません。

どういうことでしょうか。

そういう財布の色などを信じているわけではないのですが、お金ってあれば何でもできます。

なので貯めたいのですが、働けど働けど貯まりません。

とくに使っているわけでもないのですが、不思議で仕方がありません。

子供がまだ小さいうちが貯め時とか言いますが、貯まらないので、これからどうしたらいいのかと目の前が真っ暗になるときがあります。

学資だけには絶対に手を付けないでおこうと、再度心に決めました。

ウィッグの付け方とコツ

ウィッグを付けた頭を自然に見せるために、付け方が重要です。

せっかくカラーや髪質が地毛に合ったナチュラルなものを付けても、その付け方が雑で周囲の人に明らかにウィッグとバレてしまうのはちょっと恥ずかしいですよね。

まずフルウィッグの付け方ですが、フルウィッグは地毛を全て綺麗に隠さなければならないので、ウィッグの装着前に専用のネットを頭にかぶると良いです。

またその際に、ロングヘアの人は後ろ髪を三つ編みでまとめてねじり上げると綺麗に収まります。

ネットにまとめた髪の毛のボリュームが均一になるよう手やコームの先で調節する事が肝心です。

あるいは日本人の頭はハチがはっていて横に広がって見えることが多く、後頭部が絶壁というコンプレックスがある人もいるかと思います。

その場合はあえてゴールデンポイントと呼ばれる横を向いた時に、顎先と耳の上を結ぶ線の延長線上にあるポイントにネット内の髪の毛のボリュームをもってきて頭の形を補正する方法です。

欧米人の頭のような綺麗な形になるので、頭のハチや絶壁が気になる人は是非やってみてください。

次にエクステウィッグの付け方ですが、こちらは耳上辺りでブロッキングしてウィッグのクリップを分け目の少し下の地毛に差し込み留めていきます。

クリップを差す際は真上からまっすぐ差すのではなく、少しななめ右上(または左上)から差し込み、地毛を絡ませながらクリップを真っすぐ戻しながらしっかりと留めます。

最後にハーフウィッグの付け方ですが、まず後ろ髪を1つに束ねて下の方でまとめウィッグを前髪の生え際で留めます。

この時も束ねた髪にボリュームがでてしまう場合は三つ編みにすると平にまとめる事ができます。

ハーフウィッグが自然に見えるように付けるコツは前髪との境目を綺麗に馴染ませる事です。

手やコームで整えても綺麗に馴染まない時はウィッグの分け目を少し変えて前髪サイドにもってくるか、境目付近のウィッグの毛と前髪の毛を合わせてコテで巻いて流れを作ると自然に見えます。

頭が決まったら次は服装ですね。年齢的に着る物が難しくなってきました。

最近は、ウェブでいろいろ情報を集めています。こちらとか。⇒ 40代の服装ってどうするの?

キリがないんですけどね(遠い目)

縁、切れた?

中学時代の友達が時々連絡をくれます。

一緒にごはんを食べないかと。

クラブが一緒だった仲間が数人いて、半年に1回くらいお誘いがきます。

でも彼女たちは地元、私は少し離れたところに住んでいるのでなかなか参加できません。

でも誘ってくれるのは本当にありがたくて、毎回行けるかどうかわからない、と返事するのが申し訳なく思っていました。

先日もお誘いがあり「○月○日になりました。来られそうなら来てね!詳しくはまた連絡します」というメールがきました。

その日まで少し間があったので、直前に返事をしようと思っていたら…あれ?

もう過ぎてる?

相手からも連絡ないし、これはとうとう縁を切られちゃったかな?

でもしょうがないですよね~、誘われても全然参加できなかったんだもの。

あ~あ、ちょっとさみしい…かな?

そうでもないかも。